文字サイズ:

  • サイトマップ

メニュー

トップページ > イベント情報 > ★かなざわリージョナルシアター2017★

イベント情報

2017/11/25 (土)~2017/12/10 (日)

舞台

★かなざわリージョナルシアター2017★

今年で三年目になります、かなざわリージョナルシアターを今年も開催いたします。

昨年の芸術村20周年記念演劇祭「劇処」をフルリニューアルし、新団体のラインナップを加え、10月より開催いたします。
“普段着感覚で気軽に演劇を鑑賞できるように”、本年も全公演 大人1,000円高校生以下500円の入場料に設定。全公演に車椅子席をご用意、さらに託児、親子席、親子鑑賞回を設けるなど、各劇団ごとに工夫しました。
本年はラインナップを6団体にしぼり、実験的な内容のものや、正統派、若手による斬新なキャスティングを行うなど、昨年にはない新たな面白さを満喫できます。

是非この機会に金沢演劇の素晴らしさを体験してみませんか。


日程:2017年10月〜12月

「セロ弾きのゴーシュ」
10月21日(土)10:00〜/14:00〜
「まんまるまるるるん」
10月22日(日)10:00〜/14:00〜

「人造人間ナマミマンー異端英雄禄ー」
10/28(土) 19:00〜
10/29(日) 14:00〜(親子回、年齢制限はありません)

「ダブリンの鐘つきカビ人間」
11/3(金) 14:00〜/19:00〜
11/4(土) 14:00〜/19:00〜
11/5(日) 11:00〜/14:30〜

「Clock」
11/25(土) 13:00〜(親子回、年齢制限はありません)/19:00〜
11/26(日) 13:00〜

「底のない柄枸」
12/2(土) 13:00〜/19:30〜
12/3(日) 13:00〜(託児所あり、※託児所の対象年齢は2歳〜6歳)

「聖夜に2度目の鉄槌をー赤い服の世界的不法侵入に関する幾つかの考察ー」
12/8(金)   20:00〜
12/9(土)   14:00〜(親子回、年齢制限はありません)/20:00〜
12/10(日) 14:00〜


会場:金沢市民芸術村 PIT2 ドラマ工房

チケット:全公演共通
    一般   1,000円
    高校生以下 500円
    (当日券は500円UP)


*全公演車椅子あり
*開場は開演30分前

スタンプラリーもあります!
劇団の公演をみて観劇スタンプを集めよう!


ー公演詳細ー

【わらべうたとえんげきの広場 はちみつ】
ストーリーテラーの奈良井伸子を中心に、音楽、ダンス、絵画、人形劇、映像等様々なジャンルのアーティストとコラボ。文学作品を舞台化し、学校やイベント等で巡回公演するプロ集団です。

〜0歳児から楽しめる宮沢賢治〜
宮沢賢治の名作童話を生演奏とともにお届けします。小さなお子さんから大人まで、どなたでも一緒に楽しんでいただけます。

「セロ弾きのゴーシュ」10月21日(土)10:00〜/14:00〜
「まんまるまるるるん」10月22日(日)10:00〜/14:00〜
対象年齢:0歳児〜、3歳以下入場無料
*上映約60分
*影絵の裏を見よう!オープンスペースにてミニコンサート


-


【劇団不完全燃焼】
『高校演劇の枠を超えた高校演劇』をコンセプト二、石川県の高校生が主体となって結成した集団です。現在は金沢市を中心に活動しており、現役の高校生はもちろん、高校演劇部のOB・OGを交えて活動しています。

〜高校演劇の枠を超えた高校演劇〜
彼の名はナマミマン。悪を滅ぼす人造人間だ!その走力は100mを12秒で走り、パンチは岩も砕けず、そしてジャンプ力は一跳びハードル1個分。彼は…普通の人間と同じなのだ。これは、誰にも知られない。英雄の物語である。

「人造人間ナマミマンー異端英雄禄ー」
10/28(土) 19:00〜
10/29(日) 14:00〜(親子回、年齢制限はありません)
対象年齢小学生〜
*上映約60分
*公開稽古


-


【表現集団tone!tone!tone!】
3つのtone!(トン)は、言葉・心・身体の3つの響き(tone)を表しています。喜劇、ミュージカル、現代劇など様々なジャンルに挑戦し続けていて14回目の公演を迎えます。CHK声優センター金沢校の有志で結成する劇団です。

〜楽しく、残酷な童話ラブロマンス〜
不思議な病に襲われた不思議な土地ダブリン。誰も近づきたがらない醜い姿になった"カビ人間"とそんな彼に惹かれる、思っている事と反対の言葉しか喋れなくなった"おさえ"。二人の哀しい運命が不思議は鐘の音と合わさった時 美しく、そして残酷な奇跡が起きるのです。

「ダブリンの鐘つきカビ人間」
11/3(金) 14:00〜/19:00〜
11/4(土) 14:00〜/19:00〜
11/5(日) 11:00〜/14:30〜
対象年齢:0歳〜
*上映約120分
*公開稽古/終演後の舞台上で写真撮影/終演後ネタパンフ配布


-


【空転幾何区】
金沢大学の学生を中心とした新ユニットです。「ちょっとかわったこと」をテーマに新しいカタチを探ります。

〜魔法の時計屋さんの秘密〜
その町は静かだった。わずかに聞こえるのは歯車の音。住人は魔法の時計屋さん一人。「何をそんなに急いでいるの」「直さなきゃいけない時計が沢山あるんだ」しかしその男、町の真ん中に立つ大きな時計は直そうとしなかった。

「Clock」
11/25(土) 13:00〜(親子回、年齢制限はありません)/19:00〜
11/26(日) 13:00〜
対象年齢:小学生〜
*上映約60分
*公開稽古/上演後、ご希望のワンシーンでの撮影会


-


【劇団ドリームチョップ】
劇団ドリームチョップは、2000年の旗揚げ以来、普通の人間が普通に感じたり、想ったり、笑ったり、泣いたりする、「ひとのこころがうごく瞬間」の表現を目指して作品創りをしています。

〜役立たずも役に立つ!?〜
底のない柄杓では水をすくうことはできません。底のない柄杓はなんの役にもたちません。でも役にたたないからこそ役にたつこともあるかもしれない。いやでもやっぱりムリかも。そんな、役に立たないひとたちのお話です。

「底のない柄枸」
12/2(土) 13:00〜/19:30〜
12/3(日) 13:00〜(託児所あり、※託児所の対象年齢は2歳〜6歳)
対象年齢:小学生〜
*上演約70分
*バックステージツアー/アフタートーク


-


【劇団羅針盤】
「笑って泣けるエンターテイメント」を掲げ、殺陣・ダンスなども取り入れた活動色の強い作風が特徴。言葉と肉体を駆使してありとあらゆる空間を描き、最近はお客様参加型の公演も多い。全てはお芝居溢れる街を目指して。

〜全力疾走エンターテイメント〜
12月24日の夜。マッハ3000で世界の駆け巡るその姿は、人間の眼は愚か最新悦のカメラにすら捉えることは出来ない。作戦名「アカハナノトナカイ」全ては、雪ソリに跨り9頭のトナカイを駆るあの赤い姿を追い求めて。というかーーーーーーあのオジサンは実在するのだ。

「聖夜に2度目の鉄槌をー赤い服の世界的不法侵入に関する幾つかの考察ー」
12/8(金)   20:00〜
12/9(土)   14:00〜(親子回、年齢制限はありません)/20:00〜
12/10(日) 14:00〜
対象年齢:10歳〜
*上映約80分
*公開稽古/バックステージツアー/羅針盤を体験してミニ公演




ーー

主催:金沢市民芸術村アクションプラン実行委員会
共催:金沢市、(公財)金沢芸術創造財団
後援:石川県、金沢市教育委員会、石川テレビ放送、エフエム石川、金沢ケーブルテレビネット、テレビ金沢、北國新聞社、北陸朝日放送、北陸中日新聞、北陸放送、ラジオかなざわ、ラジオななお、ラジオこまつ
担当:ドラマ工房ディレクター 井口時次郎、南忠紀
デザイン:+FACTORY
製作:かなざわリージョナルシアター2017製作委員会


関連ファイル

ダウンロード

各種書類がダウンロードできます。

  • 金沢市民芸術村アクションプラン
  • カフェレストラン れんが亭

ページトップへ

金沢市民芸術村

〒920-0046 石川県金沢市大和町1-1 TEL:076-265-8300 FAX:076-265-8301